香港マラソン2024旅行記 配信中

円安ハワイ旅、事前準備と滞在中のプラン、かかった費用を紹介~ホノルルマラソン2023旅行記①~

★ホノルルマラソン2023

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

ホノルルマラソン2023公式サイト(こちら

旅行時期:2023年12月
日程:6泊8日

昨年に続いてホノルルマラソンに参加しました。

円安ハワイ旅、事前に準備したこと、滞在中のプラン、かかった費用を紹介します。😊

事前に準備したこと

出発前までに準備したことは、「マラソンエントリー」、「パスポートとESTAの確認」、「航空券」、「宿泊」、「海外旅行保険」、「空港⇔ワイキキ送迎」、「イベントの申込み(ホノルルマラソンボランティア、ライブランイベント)」。

空港⇔ワイキキ送迎、HISの送迎プランを1週間前に予約しようとしたら、すでに売り切れ…。

ホノルルマラソンの時期は、オプショナルツアーやダイヤモンドヘッドなど予約は1か月前の申込みしておいた方がいいとオススメと思いました。

マラソンエントリー

大会前日までエントリーができる、ホノルルマラソン。🙌🏻

とは言え、申込みが遅くなるとエントリー代が高騰。現地での申込みは400ドル(約6万円)に…。💦

参加すると決めたら、エントリーは早めがお得

今回もアーリーエントリー期間(2023年は4月21日~5月16日)に申込み。参加費は26,000円でした。併せてマラソン前日開催の「カラカウアメリーマイル」もエントリー。参加費は6,500円。

合計で34,125円(手数料1,625円)、お支払いしました。💰

パスポート有効期限の確認とESTA申請

渡航条件の確認はこちらから。

アメリカ渡航は、滞在日数+6か月以上のパスポート残存有効期間が必要。(2023年12月現在)

併せてESTA申請も必要に。

ESTAの申請先は➯https://esta.cbp.dhs.gov/、申請費用は21ドル。(2023年12月現在)

空港で足止めされない為にも、確認お忘れなくです。

航空券の予約

6月にJALの公式サイトからマイルを使って名古屋⇔ホノルル往復航空券を購入。

運賃はかからず、燃油サーチャージと諸税のみで57,990円。ちなみに、マイルを使わず航空券購入の場合、190,760円(燃油サーチャージ・諸税込)でした。

JAL便を利用してホノルルマラソンに参加すると、ゴールエリアのJALテントを無料で利用出来るのも魅力。👍🏻

ホノルルマラソンはJAL便、オススメです。👍🏻

ホテルの予約

ホノルルマラソンの時期、どのホテルも価格高騰…。💦

Airbnbで泊る場所を探していたら、ひとり仕様のお部屋が6泊で123,883円。✨

1泊約20,000円、立地はワイキキビーチそば、高評価の口コミで決めました。

海外旅行保険の加入

年齢+コロナなどのリスクも考えて、出発前に海外旅行保険に加入。

今回の申込先が「エイチ・エス損保」。

治療費用無制限プラン、8日間で4010円

1日500円ほどで手厚い保証、安心して渡航できました。😊

空港⇔ワイキキの移動

出発1週間前、HISの混乗送迎プラン(往復40ドル)を予約しようとしたら受付終了。💦

ホノルル到着時は荷物が少なかったので、ザバス(The Bus)でワイキキへ。帰国日は荷物が増えてウーバー(Uber)で空港へ。

ザバスは約1時間の移動で値段3ドル、Uberは約30分の移動で30ドル+チップ5ドルでした。

ホノルルマラソンボランティア

ホノルルマラソンでボランティア体験したくて申込み。(2023年の詳細はこちら

ここ何年も落選でしたが初めて当選。(ボランティア参加への思いをコメントに記入したのがよかったらしい…)

ランナーさんにゼッケンや参加賞を渡しながら各種ご案内、いい経験になりました。😊

ご興味あれば10月中旬頃からホノルルマラソンのホームページのお知らせチェックオススメです。

ライブランの現地交流イベント

10月下旬に案内、先着50名、参加費無料で速攻申込み。(詳細こちら)ランナー向けのヨガ体験、軽食つき、マラソン参加者さんとの交流など楽しめました。

スマホにライブランのアプリをインストール、ホノルルマラソンスペシャルセッションに参加するとハワイの情報や現地イベントの情報がゲットできてオススメです。(詳細こちら。参加無料)

両替

今回は手元に50ドル程あったので、両替しませんでした。

ホノルルは、ほとんどの場所でクレジットカード使えるので、両替しなくても困ることはないと思います。

ただ、空港からワイキキ移動にザバスを利用する際は、現金3ドル(お釣りがでない)が必要。USドルが手元にない場合は、空港で両替が必要になります。

また、ファーマーズマーケットやアロハスタジアムのスワップミート&マーケットで買いものを考えているなら、1~2万円ほど両替しておくことオススメです。

両替するなら、ATMでキャシングがお得

ホノルル空港(個人用出口)、シェラトン・プリンセス・カイウラニ、ハイアット・リージェンシー、アウトリガー系列ホテル、アラモアナホテル、ロイヤルハワイアンセンター、アラモアナセンター、ABCストアなどに設置されています。

ファーマーズマーケットに行かない場合は、チップの支払い分の両替で十分です。👍🏻

滞在中のプラン

今回のホノルル旅は6泊8日。

旅のプランはこんな感じ。⤵

  日にち             旅のプラン
1日目
(日本)
14時45分セントレア発(JAL3084便)
16時05分成田空港着

・キャセイパシフィック航空のラウンジで食事&シャワー
・JALサクララウンジで特製カレー

21時30分成田空港発(JAL784便)
1日目
(ホノルル)
09時15分ホノルル空港着

・ワイキキまでThe Bus(ザバス)で移動
・楽天ラウンジに荷物預け

カカアコ(買い物&ランチ&散策)
①ダウン・トゥ・アース(オーガニックスーパー)で買い物
②ジョバンニでガーリンクシュリンプ
③ウォルアート鑑賞

アラモアナエリアでお土産購入と食料調達
①ウォルマート(ディスカウントストア)
②ドンキ(スーパー)

DFS(免税店)を散策

Airbnbで予約したアパートに宿泊(6泊)
2日目6時に起床

サンライズ(ワイキキ)

ホノルルマラソンEXPO(ハワイコンベンションセンター)
①ゼッケン受取
②JALテント手続き
③ホノルルマラソン限定グッズ購入など

スターバックス(カフェ)でランチ

マラソンボランティアに参加(ハワイコンベンションセンター)

アラモアナのフードパンドリー(スーパー)で買い出し
3日目6時に起床

ワイキキマーケットに朝ごはん購入(マラサダとコーヒー)

ワイキキビーチで海を眺めながら朝ごはん

ハワイ史跡巡り&ジョギング

レイメイキングイベント参加(ロイヤルハワイアンセンターで毎週金曜12時開催)

カピオラニ公園でピクニック

アラモアナショッピングセンター
①楽天ラウンジ(ドリンク休憩)
②フラショー(17時開催)

アラモアナビーチパーク(サンセット)

花火(ヒルトンハワイアンビレッジで毎週金曜開催。冬19時45分、夏20時)
4日目5時30分に起床

カラカウアメリーマイル(7時スタート)

ヨガイベント参加(日本から事前申込)

ショッピング巡り&ランチ
①ワードセンター(ショッピングモール)
②パタゴニア(アウトドア)
③ホールフーズ(スーパーマーケット)でランチ
④サウスショアマーケット(ハワイのローカルブランドが集まったマーケット)
⑤T・J・MAX(ディスカウントストア)
⑥ノードストロームラック(ディスカウントストア)
⑦リルキューティー(ハワイの雑貨ショップ)
5日目1時30分に起床

・無料送迎バスでスタート地点に移動(3時10分頃)

ホノルルマラソンスタート(5時)

・楽天ラウンジワイキキ店(マッサージ)
・ワイキキビーチ(サンセット鑑賞)
6日目7時に起床

マラソンマンデー(完走証受領、買い物、優勝者のサイン会など)

出雲大社(参拝、御朱印とお守り)
ロイヤルキッチン(マナプアとシュウマイ)

ビショップミュージアム(ハワイの歴史に触れられる博物館)

ダウンタウン散策(イオラニ宮殿、カメハメハ大王像、ホノルルシティライツ)

・ノードストロームラック(買いもの)

・楽天ラウンジワイキキ店(マッサージ)
7日目5時に起床

カハラルックアウト(サンライズ)
ボカーツカフェ(アサイボウルをテイクアウト)
ダイヤモンドヘッドマーケット&グリル(スコーン購入)

9時30分:Uberで空港へ

・サクララウンジ(食事とドリンク)

12時20分:ホノルル発(JAL784便)
8日目16時20分:成田空港着

・サクララウンジ(シャワーとドリンク)

18時30分:成田空港発(JAL3087便)
19時42分:セントレア着

いつもと同じように、マラソンそっちのけモリモリ詰め込み旅プランです…。😅

6泊10日の旅費のこと

旅費の総額と詳細

6泊8日の総額は、33,5452円

詳細はこちら⤵

  種類      内容  価格  予約サイト    備考
マラソン①マラソンエントリー
②カラカウアメリーマイル
①26,000円
②6,500円
手数料1625円
公式サイト
飛行機JAL57,990円公式サイト諸税と燃油サーチャージ
の価格。
運賃はマイル購入
宿泊アパート1室レンタル123,883円Airbnb
交通費
(現地)
・ザ・バス(The Bus)
・ウーバー(Uber)
2,250円
5,390円
食費22,860円日本から持参分含む
・パックごはん5つ
・ソーメン
・ふりかけ
・味噌汁
・コーヒー
・ソーメンつゆ
お土産・マラソングッズ
・パタゴニア
・クレイジーシャツ
・マカダミアナッツチョコ
・クッキーなど
84,295円
保険HIS損保4,010円エイチ・エス損保治療費無制限プラン
1ドル150円計算

旅費を眺めて思ったこと

ホノルルマラソンの予算は40万円前後みておくといいと思いました。

・今回の旅費の総額は、33,5452円。💦

現地での食費節約に日本から食材持参ありです。日本から食材を持ち込む際は、持ち込み禁止の食材になっていないか、宿泊先にキッチンやレンジがあるか確認もお忘れなく。

・水曜日以前の出発、翌週水曜日以降の帰国は飛行機代は安くなります。大韓航空などの経由便は直行便よりコスパ良いです(直行便より時間かかって体力要しますが…)

・宿は何人かで部屋をシェアするとコスパ良いものの、相性が合わなかった場合はストレスに。安さをとるか快適さをとるか…考えて予約オススメです。

ということで、旅行記に入っていきます。😌

次の記事へ

#ホノルルマラソン2023、#ハワイ旅、#旅のプラン、#ハワイで使った費用、#旅RUN

コメント

タイトルとURLをコピーしました