香港マラソン2024旅行記 配信中

アメリカ入国の陰性証明書が廃止(2022年6月12日から)。日本入国の陰性証明書は現地の任意フォーマットの使用OKに。

情報

こんにちは。あろはこです。😊
ご訪問ありがとうございます。🌻

今回は、
アメリカ入国の陰性証明書
が廃止
(2022年6月12日から)
★日本入国の陰性証明書は
現地の任意フォーマットの

使用OK

についてです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

アメリカ入国の陰性証明書が廃止(2022年6月12日から)

Bloombergの報道によると
米政府は
アメリカ入国時の新型コロナ陰性
証明義務を撤廃

6月12日午前0時過ぎから適用
するとのこと。🎉

今まで出発1日前に陰性証明書
を取得して
チェックイン時に航空会社に
提示していましたが、
その必要がなくなります。🙌🏻

この措置について
米疾病対策センター(CDC)は
90日後に再評価するとのこと
なので、状況次第で変わるかも
しれませんが、
とりあえずありがたいです。😊

ただしアメリカ入国に
ワクチン接種証明書は引き続き
必須です。(18歳以上の非米国市民)
⤴取得方法はこちらから

日本入国の陰性証明書は、現地の任意フォーマットの使用OK

引き続き日本入国における
72時間以内の陰性証明書取得

は必要(詳しくはこちらですが
現地の任意フォーマット
使用もOK
になっています。

また入国時の陰性証明書
フォーマットがリニューアル
されていました。⤵

リニューアルされたフォーマット(見本)

厚労省が以前提示していた
旧フォーマットの使用もOK。
⤴リニューアル版は内容が簡素化
されているので、海外の対応検査機関
もラクかと。


日本入国の陰性証明書に
必要な項目は8つ⤵️

現地の任意フォーマット
使用する場合は
内容確認に時間がかかるので
ファストトラック
事前登録を強く推奨
されて
います。
⤴ご協力を~。

渡航条件は緩和に向かって
いますが、変更も多いので
海外出発前にSherpa
渡航条件確認オススメです。

夢みたハワイ渡航まであとすこし💕

コメント

タイトルとURLをコピーしました