ソウルマラソン2024旅行記 4月5日頃配信予定

ハワイなど米国入国審査の待ち時間が短縮!モバイルパスポートコントロールの紹介。

ハワイ

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

鹿児島RUN旅(残り2回で終わり)、ソウルマラソン2024旅行記アップ前ですが…。🙇🏻‍♀️


1時間待ち覚悟の米国入国n朗報な情報の紹介です!🎉

申請者の米国入国手続きの簡略化、審査の待ち時間軽減を図る目的に、米国国境警備局(CBP)提供している無料アプリ「モバイルパスポートコントロール(Mobile Passport Control(MPC))」。

米国国境警備局(CBP)のMPC詳細はこちら➯https://www.cbp.gov/travel/us-citizens/mobile-passport-control


審査前に渡航や税関申告に必要な情報をモバイルアプリで登録すると、米国入国の際、モバイルパスポートコントロールの専用レーンからスムーズに入国できるように。✨

MPC対象者はこちら。↓(ANA公式サイト参照。2024年4月現在)

  • 米国市民、米国永住権保持者
  • カナダB1/B2市民訪問者
  • ESTA申請者かつESTA認証による渡航が2回目以降。



MCP設置場所は、米国国際空港33カ所、プレクリアランス13カ所、入国港4カ所の50カ所。

ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港はじめ、ニューヨークのJFK空港、ロス、ラスベガス、シカゴ、ボストン、ダラス、オーランドなどでMCP利用できます。🙌🏻

ハワイの情報サイト「アロハストリート」、「ANA公式サイト」にも掲載されていました。

モバイルパスポートコントロールアプリは、スマートフォンやタブレットで利用可能。

渡米前でアプリに登録することは…↓

  1. アプリをダウンロード(iPhone用➯こちら)、(アンドロイド➯こちら
  2. アプリ上で自分(同行者がいる場合は同行者分も登録可)のプロフィール作成。
  3. 入国手段、利用予定の空港など入力。
  4. 渡航書類の入力や旅行目的などの質問に回答してデータ保存。
  5. 同行者のアプリのダウンロードは不要。

目的地到着してから登録することは…↓

  1. アプリ上で顔写真をアップロード。
  2. 税関の質問に答えてフォームを送信。
  3. 4時間有効のQRコードが作成される。
  4. モバイルパスポートコントロール専用レーンで入国審査へ。

目的地到着したらデータ送信するためにインタネット接続が必要。Wi-Fiレンタルや海外で使える通信プランの契約などもお忘れなくです。


ちなみに、モバイルパスポートコントロール使ってもCBP審査官の審査は必須。審査の際にパスポート提示も必要になります。💦

一般レーンとは別のレーンに並べて事前登録も済ませているので、ある程度の待ち時間の短縮は期待できそう。😊

4月の渡米でモバイルパスポートコントロールに初挑戦してみようと思ってます。😌

#モバイルパスポートコントロール、#米国入国サービス、#4月渡米でMCP登録チャレンジ

コメント

タイトルとURLをコピーしました