香港マラソン2024旅行記 配信中

5泊6日の香港旅。事前準備、旅のプラン(市内散策、香港ディズニー、マラソン)、旅費の総額、紹介します。~香港マラソン2024旅行記①~

★アジア

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

香港マラソンwebサイトはこちら

旅行時期:2024年1月
日程:5泊6日

2024年、最初の海外マラソン旅に選んだ場所は「香港」。✨

5泊6日の香港旅、事前に準備したこと、旅のプラン、旅費の総額、紹介します。😊

事前に準備したこと

出発前に準備したこと↓

  1. マラソンのエントリー公式サイト

  2. パスポートの有効期限の確認

  3. 航空券の予約キャセイパシフィック航空

  4. ホテルの予約Booking.com)

  5. 海外旅行保険の加入損保ジャパン

  6. 現地アクティビティの予約(ディズニーランド、ビクトリアピーク)(Klook)

準備の中身、順番に紹介します。😌

マラソンエントリー

エントリーで知っておくといいことを表でまとめてみました。

   項目     内容       備考
開催日2024年1月21日(日)
エントリー方法公式サイトから申込み
申込期間2023年8月31日~10月5日一般抽選エントリーは9月21日~
種目・マラソン(42.915㎞)
・ハーフ(21.0975㎞)
・10km
制限時間・マラソン(6時間)
・ハーフ(3時間)
・10km(2時間)
参加費・マラソン(90USドル)
・ハーフ(85USドル)
・10km(70USドル)
ゼッケン
受取り方法
現地EXPO会場で受取り
(マラソン前日まで)
場所:ビクトリアパーク

エントリースケジュール、申込み方法、来場日時の予約など、以前のブログもぜひ。😊

  • 香港マラソン2024エントリースケジュールのこと➯こちら

  • エントリー申込み方法のこと➯こちら(優先エントリーの申込み方法を紹介していますが、抽選エントリーも似た感じの流れかと)

  • 1月にゼッケン受取りの来場日時予約のメールが届いたこと➯こちら

  • ゼッケン受取りに、スマホにアプリをインストール、来場日時予約方法のこと➯こちら

  • ゼッケン受取りのアプリがインストールできない場合の救済措置の案内➯こちら

今回、運よく過去のタイムでプライオリティ枠(抽選なし)でエントリーできました。🙌🏻

8月31日に申込みすると、9月12日に承認の連絡と引き落とし(90ドル:13,223円)の連絡が別々に到着。

12月21日には、QRコードつきのゼッケン引換証が届いて一安心。

1月に入ると、アプリをインストールして来場日時を予約するように案内も。

面倒だなと思いながら、「中国圏の香港、日時指定をしないで行ったら受けつけてもらえないってこと十分あり得そう…」と頭よぎって。

スマホにアプリをインストール、必要事項を入力で受付用のQRコード作成。

現地で、アプリからQRコード出して無事ゼッケン受取れました。💦

パスポートの有効期限の確認

香港の渡航は、パスポートだけでOK。パスポートの残存有効期間は、滞在日数+1か月以上必要(滞在が30日以内の場合)。

渡航要件が変わる可能性もあるので、事前に渡航要件確認サイト「Sherpa」で確認オススメです。

航空券の予約

今回利用した飛行機は、キャセイパシフィック航空

2023年6月下旬の香港政府と航空会社のキャンペーン「ワールド・オブ・ウィナーズ」にエントリー。

キャンペーンに当選、運賃(36,600円)がタダに。22,590円(税・燃油サーチャージ)で香港に行けました。😭

ワンワールドに加盟のキャセイパシフィック航空、JALのマイレージ登録はもちろん、ラウンジ利用、優先搭乗、預け荷物の優先受取りも対応してもらえました。🙌🏻

ホテルの予約

宿のブログ➯こちらから。(2024年2月13日すぎにアップ予定)

半年前(6月下旬)にBooking.comから「オーシャンイン」を5泊予約。

5泊のお値段は、1,653.75HKドル(31,423円)、1泊6,300円。(⇦東横インより安い…😭)

選んだ理由は、「佐敦駅目の前の立地」、「マラソンのスタート地点の尖沙咀まで歩いて15分以内」、「Booking.comの評価8以上」、そして「コスパ」。

シャワーとトイレの一体型、気にならない方にはオススメ宿です。😊

海外旅行保険の加入(オーダーメイドプランで節約)

アラフィフの年齢+マラソンでの万が一に備えて、海外旅行保険に加入。

今回の申込先は、損保ジャパンの「新・海外旅行保険【off!】」。

見積もりの結果が出たその下に「補償内容を変更(オーダーメイドプラン)」が選べるように。

現地で万が一の時に困ることと言ったら、「治療費」と「家族に渡航してもらう費用」かなと。

「治療費」と「救援者費用」は手厚く、それ以外の補償は削って、保険料を押さえました

現地アクティビティの予約

現地アクティビティの予約は「KlooK」を利用。

香港ディズニーランドは、開園1時間前に入場できる「アーリーパークエントリーパス(17,118円)」を購入。(ワンデーチケットは14,489円)

ビクトリアピークは、トラム往復とスカイテラス428展望台がセットになったチケット(2,849円)を購入。

ディズニーもビクトリアピークも、KlooKから送られてきたQRコード提示で利用できました。

空港⇔香港市内の移動のこと

空港からの移動のブログ➯こちらから(2024年2月12日すぎにアップ予定)

空港から佐敦駅の移動は、エアポートバス(A22)を利用。運賃は40.2HKドル(約800円)、所要時間40分ほど。

佐敦駅から空港の移動は、MRTとエアポートエクスプレスを利用。ツェンワン線で茘景(ライキン)駅まで行き、トンチョン線に乗り換えて青衣(チンイ)駅へ。青衣駅からエアポートエクスプレスで空港。運賃は65HKドル(約1,300円)、所要時間40分ほど。

エアポートバスは安いものの、帰りは時間が読める電車をチョイス。

オクトパスカードでエアポートエクスプレスに乗ったら、佐敦駅₋青衣までのMRT運賃が無料に。(1時間以内の乗り換えで適応)

青衣駅から空港まで14分のエアポートエクスプレス旅。

バスと比べてお値段高めでも、速くて快適で満足。(空港から香港駅までのエアポートエクスプレスは約24分、香港駅周辺に宿泊なら利用オススメ)

両替のこと

日本での両替は一番レートが悪いので、香港空港に到着後に両替。

中国銀行のATMから400HKドル(7,702円)キャシング、1HKドル≒19.3円(手数料込)。

翌日、重慶大厦(チョンキンマンション)の両替所「SINGAPORE EXCHEANGE」で両替。1万円で532HKドル掲示板のレート通りで手数料なしパスポート提示も不要でした。

中国銀行でのキャシングは19.3円、「SINGAPORE EXCHEANGE」は18.8円。両替は重慶大厦の両替所の方が、1万円で260円ほどお得とわかりました

とは言え、重慶大厦の両替所の営業時間に行けない時は、クレカのキャシングはありがたい存在。キャッシングをしたら、速めの繰り上げ返済もお忘れなくです。(キャッシングでの両替の流れ➯こちらから(2024年2月12日過ぎにアップ予定))

両替所でもらったHKドルとレシートの金額の確認はその場ですることもお忘れなくです。

旅のプランのこと

5泊6日の香港旅。

今回の旅プランはこちら。⤵

  日程             プラン
1日目(金)15時25分:セントレア発(CX539便)
19時10分:香港空港着
空港バス(A22)でホテル最寄り駅へ。

・昼ごはん(セントレアのキャセイパシフィック提携のラウンジ)
・夜ごはん(東海粥店)
・オーシャンインに5泊
2日目(土)7時00分:起床

・朝ジョグ&ウォーキング(アベニュー・オブ・スターズなど)

EXPO(ゼッケン受け取り)

・重慶大厦(両替)
・昼ごはん(錫記招牌雲呑でワンタン麺)
・尖沙咀散策(1881ヘリテージ)
・ジェニーベーカリー(クッキー)
・奇華餅家(クッキー)
・酔香鶏蛋仔(香港ベビーカステラ食べ歩き)
・ウエルカム(地元スーパーお買いもの)
・夜ごはん(佳記美食でテイクアウト)
3日目(日)3時30分:起床
4時30分:宿出発(スタートエリアまで徒歩移動)

香港マラソン

【ゴール後】
・昼ごはん(マクドナルド)
・足満庭(足マッサージ50分)
・ワトソンズ(ドラックストアお買いもの)
・パークン・ショップ(地元スーパーお買いもの)
・旺角散策(女人街、通菜街、花園街)
・シンフォニー・オブ・ライツ鑑賞(毎日20時開催)
4日目(月)7時:起床

香港ディズニーランド
5日目(火)7時:起床

・スター・フェリーで香港島へ
・朝ごはん(生記粥品専家の中華粥)
・上環散策(文武廊、香取慎吾さんアート、ミッドレベルエスカレーター)
・中環散策(大館など)
・ベイクハウス(エッグタルト購入)
・トラム(2階建てトラム体験)
・金鳳茶食(ランチ&カフェ休憩)
・ビクトリアピーク(ピーク・トラムとスカイテラス428展望台)
・男人街散策(ミシュラン掲載の羊羹屋)
・夜ごはん(権発小厨でイートイン)
6日目(水)5時:起床

・MRTとエアポートエクスプレスで空港へ
・朝ごはん(キャセイパシフィック航空ラウンジ)
・ディズニーストア散策(制限エリア内)

9時45分:香港国際空港発(CX536便)
14時20分:セントレア着

相変わらずマラソンそっちのけ、旅メインのプランです…。😅

5泊6日の旅費総額

5泊6日の総額は、142,650円。✨

詳細はこちら⤵

 種類      内容 費用 予約サイト     備考
マラソンマラソンエントリー13,500円公式サイト90ドル
飛行機キャセイパシフィック航空22,590円公式サイト運賃(36,600円)は当選で除外
宿泊オーシャンイン31,423円Booking.com1,653.75HKドル
アクティビティ・香港ディズニー
・ビクトリアピーク
17,118円
2,849円
KlooK
保険新海外保険オフ1,700円損保ジャパン
交通費空港➯ホテル(802円)
ホテル➯空港(1,300円)
ディズニー往復(872円)
香港市内(4,726円)
国内(2,160円)
9,860円【参考】
・佐敦駅₋天后駅12.8HKドル
(256円)
・香港島トラム1回3HKドル
(60円)
・フェリー1回4~6HKドル
(80~120円)
・佐敦駅₋尖沙咀4.8HKドル
(96円)
食費ディズニー(5,160円)
香港市内(8,670円)
13,830円
お土産・雑費ディズニー(8,880円)
香港市内(17,900円)
26,780円
マッサージ足満庭(足マッサージ)3,000円50分:150HKドル
1HKドル≒20円で計算。2024年1月現在

飛行機の運賃プラスで「179,250円」、予算は15万円前後でみておくといいかなと。

香港ディズニーの物価の高さに卒倒(オラフのソフトクリームで1000円越え…)したのもいい思い出、香港市内のディープな街並みや美味しい食事にも出会えて、行ってよかったです。😊

ピーチ香港エクスプレス香港航空からセールの航空券もチョコチョコある香港、(韓国に並ぶ)コスパ渡航先と思いました。

香港マラソン旅にオススメ持参品のこと

香港マラソン旅のオススメ持参品、(当たり前のものも含めて)まとめてみました。

  • パスポート➯これがないと入国できない…。

  • 両替用の日本円、クレジットカード➯安い食堂はもちろん、クッキーで有名なジェニーベーカリーも現金オンリー。両替に必要な現金、キャッシングにクレジットカードもお忘れなくです。

  • オクトパスカード➯香港の空港駅で調達になりますが、空港からの移動や香港市内の移動に重宝する日本のsuicaのようなもの。オクトパスカード本体はクレジットカードで購入可、チャージは現金のみになります。

  • スマホとプラグ➯市内散策にスマホ。香港のプラグはBFタイプに。充電機器類もお忘れなく。

  • ダウンジャケット➯1月の香港、日中は暑いのでロンT一枚でもOK。朝晩は冷えるので、ダウンジャケット、ヒートテックの持参オススメ。

  • リップクリーム➯かなり乾燥します。

  • ウエットティッシュ➯食べ歩き、1日歩いて埃っぽくなった靴を拭く用にあると便利。

  • ランニングシューズ…現地調達できるものの、履きなれたシューズがいいかと。

ということで、これから旅行記に入っていきます。😌

次の記事へ

#香港マラソン2024、#香港旅、#旅RUN#香港旅プラン、#香港でかかった費用、#コスパいい海外旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました