香港マラソン2024旅行記 配信中

2㎞~7㎞は目玉スポット満喫編~ホノルルマラソン2022旅行記⑩

★ホノルルマラソン2022

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。

今回は、2㎞~7㎞は目玉スポット
満喫編です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ホノルルマラソンwebサイトはこちら

参加年月:2022年12月
旅行期間:5泊7日
参加種目:1.6㎞(カラカウアメリーマイル)、フルマラソン

2㎞~7㎞のコースマップ

フルマラソンコースマップの詳細はこちら
10kmコースマップの詳細はこちら

2㎞から4㎞間には「アロハタワー」→「マーフィーズ・バー&グリル前のサンタ」→「イオラニ宮殿」→オアフ島最古の教会「カワイアハオ教会」→「ホノルル・シティ・ライツ」のフォトスポット満載!

ホノルルマラソンコースで一番楽しい区間です♪👍🏻

2㎞~7㎞までの体験談

真っ暗な中、レッドに光るアロハタワー。✨

1926年に建築された灯台。
アメリカ合衆国国家歴史登録財にも登録されている歴史ある建築物

ホノルルマラソン最後尾からのんびり鑑賞です。

2㎞通過に所要時間57分。💦

ご一緒していたマラソン参加者さんがチームから離脱。
同種目の参加者としては寂しい…。😭

ホノルルに住んでいる地元の人は、マラソン当日は渋滞するから家にいようと言っているらしく
日本もハワイも同じなんだなぁと。💦
長い時間、道路開放に感謝です。😌

ヌアヌ通りに入っていきます。

この通りにはマーフィーズ・バー&グリル」の名物サンタさん♪

ホノルルマラソン有名フォトスポット!

向かいのお店ではコーヒーも販売。☕
参加者さんで行列出来てました。

マラソン参加中にコース沿いのお店に立ち寄れるのもホノルルマラソンの魅力です♪

3kmの表示、見えてきました。🙌🏻
この1㎞は少しペース上がって周りに人も増えてきて。
ちょっと安心。😊

そしてスタートで40人だったサーシャチーム。
歩くペース違ってきて、少しずつばらけてきてました。

3㎞すぎからダウンタウンのイルミネーションを眺めて進んでいきます。

サーシャちゃんのファンの人が、ハワ恋MCのまことさんに「サーシャちゃんと同じようにファンの人とホノルルマラソン歩いたら」って勧めたら「僕は人集まらないから」と言ってたと披露したり。💦

2M(2mile)表示にサーシャちゃん「2mって何?」の発言に、カメラマンさんが「ツーツイル!2mってどっからねん!」って突っ込み入れて大爆笑したり。😆

和気あいあいで楽しい時間♪

サウス・キング通りに入ると、左に提灯でライトアップされた「イオラニ宮殿」。

1882年、カラカウア王の時代に建てられた宮殿。✨

そしてハワイ王国最後の国王で唯一の女王、リリウオラカニ女王が幽閉されて、「アロハ・オエ」が作られた宮殿でもあります。

そのすぐ先には給水ポイント。🥤

高校生のボランティアさんから熱烈な歓迎を受けてお水もらいました。

右にはオアフ島最古の教会「カワイアハオ教会」。💒

1820年創立。

カメハメハ4世&エマ女王の結婚式をはじめ王族の結婚式や戴冠式、そして葬儀など王族の冠婚葬祭が行われた、ハワイを代表する歴史的な教会です。

カワイアハオ教会の反対側に「ホノルル・シティ・ライツ」。🎄
クリスマスシーズン限定!

ホノルルマラソンコースの目玉フォトスポットです!

グリーン、ブルー、パープルに変化する特大ツリー!

常に人だかりで写真撮るのも大変な場所。💦

今回、後ろから歩いていたので、人も少なくて超撮りやすかったです♪🙌🏻

ツリーの他にもクリスマスオブジェたっぷり!

いるだけで楽しい気分になれる、テーマパークのようなエリアです。✨

4㎞に到着です。🙌🏻
残り6㎞、ペースも上がってきています!

そしてこの時点でインスタライブの視聴者300人!
スゴ過ぎる!

サーシャちゃんも元気です!

ワイキキ到着前に朝焼けの空。

ホノルルマラソンに参加して、この景色に出会ったのは初。
新鮮でした。😅

順調に5㎞に到着です。🙌🏻

1㎞毎での撮影がイイ感じに休憩タイムになってます。😊

サウス・キング通りからピイコイ通りへ。

ここまっすぐ進むと左にアラモアセンター。

アラモアナ通りまで戻ってきました。🙌🏻

空も明るくなってきました。🌄
ここからワイキキに向かいます。✊

アラモアナ・ブルーバード・ブリッジからヨットの景色。⛵

橋を渡るといよいよワイキキ繁華街へ。
次に続きます。😌

今回のまとめ

  1. 2㎞~7㎞では「アロハタワー」、「マーフィーズ・バー&グリル前のサンタ」、「イオラニ宮殿」、「カワイアハオ教会(オアフ島最古の教会)」、「ホノルル・シティ・ライツ」の観光スポットたっぷりのコースでした。

  2. 後方からゆっくり歩いていたお陰で「ホノルル・シティ・ライツ」では人が少ない中、イルミネーションを楽しむことできました。

  3. 今回はゆっくり歩いていたので昇る朝日は拝めず。代わりにアラモアナ付近でキレイな朝焼けに出会えました。

  4. 1㎞毎に距離表示のフラッグと写真タイムを入れることで、休憩にもなって無理なく歩き続けられると感じました。

前の記事へ  次の記事へ

#海外旅行記、#女ひとり旅、#海外マラソン、#ホノルルマラソン2022、#ハワイ旅、#マラソン当日、#コースで観光スポット満載区間、#旅RUN

コメント

タイトルとURLをコピーしました