香港マラソン2024旅行記 配信中

ワイキキからバス移動。初心者にオススメ「マカプウトレイル」編~ホノルルマラソン2022旅行記⑰

★ホノルルマラソン2022

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。

今回は、 ワイキキからバス移動。
初心者にもオススメ
「マカプウトレイル」編です。

ホノマラ…ホノルルマラソンの造語です。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ホノルルマラソンwebサイトはこちら

参加年月:2022年12月
旅行期間:5泊7日
参加種目:1.6㎞(カラカウアメリーマイル)、フルマラソン

ワイキキからマカプウトレイルへ

マラソン前の準備運動に、朝からマカプウトレイルへ。

バス停に向かう前、ABCストアで「HOLOカード」を調達。

日本のSuicaみたいなもの。お値段9.75ドル。
初回購入は、カード代2ドルに1日券が入ったものしか売っていなくて。

かといって毎回現金払うのも面倒。これ使っていきます。

23番「シーライフパーク行き」バス停(こちら)には、プリンセスカイウラニ像。

8時16分、時刻表より7分早くバス到着。💦

運転手さん横にある機械にHOLOカードかざして乗車です。

23番「シーライフパーク行き」のバスは、18番通りからカハラモール経由してハイウエイを通るので、ホノマラのコース下見にもなります。👍🏻

前日から風が強さおさまらず。💦
ヤシの木、折れそうです…。

バスからハワイの絶景!✨

ワイキキから約1時間、シーライフパークに到着です。🚌

バスが来た道を戻って行くと、右に「セント・カタリナ・シーサイドチャペル」。💒
ハワイ挙式に人気のチャペルです。

大通りの向かいにトイレ。🚻
マカプウトレイルにはトイレがないので、ここですませておきます。
ここから山の方に向かって徒歩15分ほど。

やや上りぎみの道。
半端ないスピードで通過していく車たち。💦
右寄りで歩いていきます。

10分ほど歩くと左に「マカプウ・ルックアウト」の看板。
ここはとりあえず通過です。

次に見えてくる「カイワイ・ステート・シーニック・ショアライン」の看板。
ここを左に入るとトレイル入口です。🙌🏻

トレイル前にペレの椅子に寄り道

駐車場もたっぷり完備。🚙

道なりに歩いていくと、右に「オアフ島のマラマハワイ」と「トレイルの植物や注意事項」の看板。

右に折れて砂利道に進んでいくとペレの椅子。まっすぐ進むとマカプウトレイル。
先にペレの椅子に向かいました。

ペレはハワイに伝わる火山の女神さま。✨
レイも飾られていました。

砂利道を歩いて海岸近くまでくると左にペレの椅子。(思いっきり逆光💦)

ハワイの神話では、火の女神ペレがオアフ島を作った後(別の解釈ではハワイの島々を旅をしている最中に)ここに座って休憩したと言われていて、そこからペレの椅子という名前がついたんだそう。

そばに行くには岩場、よじ登ります。💦

ペレの椅子に到着!
目の前で見ると、圧巻の存在感!✨
登った甲斐ありました!🙌🏻

仕事運と金運アップのパワースポット。💰

恋愛のお願いNG。❎

ペレは情熱的で嫉妬深い女神。
カップルや夫婦で訪れるのもオススメされてないんだとか。

ペレにご挨拶して岩場を降り、マカプウトレイルに戻りました。

マカプウトレイル登頂へ

ペレの椅子からマカプウトレイルに合流。

トレイル途中の景色。⛰️
大きな山がココ・クレーター。その左にハナウマベイとココヘッド。右にうっすらとダイヤモンドヘッド。手前の左下に小さく見えるのがペレの椅子です。

運が良ければホエールウオッチングも。🐋

頂上まで舗装された広い道。👍🏻
車イスでも楽しめる、トレイル初心者にも安心なスポットです!💕

この階段を上った先がマカプウ岬展望台。

マカプウ岬展望台からの景色(34秒)♪


左のこんもりとした島がラピット・アイランド(マナナ島)。手前の平たい島がタートル・アイランド(カオヒカイプ島)。

マカプウ灯台。
第2次世界大戦前後は周辺施設とともに陸軍が使用。現在は沿岸警備隊が管理、一般の人は近づくことはできません。

歩いてきたトレイルの道。

おやつで持参していた、タロマラサダ。
運動のあとは美味しさアップ♪

舗装されてて、ほんと歩きやすい。

ペレの椅子とマカプウトレイルで所要時間1時間半くらい。

シーライフパークのバス停からトレイル入口の移動を合わせると2時間近く。

ホノマラ前のいい準備運動になりました。😊

マカプウルックアウトで絶景満喫

シーライフパークのバス停に向かいます。✊

途中、マカプウルックアウトに寄り道。
ここからの眺め、なかなかよいです。(22秒)

シーライフパークまで戻ってきました。

帰りも23番のバスを利用。
69番のバスが来たと思ったら、23番に番号変更。
慌ててバス乗りました。💦

1時間のバスの旅、マカプウトレイルで運動、展望台からの絶景、充実した時間でした。😊
コスパも抜群、オススメです。

マカプウトレイルにオススメの準備

マカプウトレイルにオススメの準備について紹介します。

最低「歩きやすい靴」と「水分補給」はお忘れなくです。

  • 歩きやすい靴(ペレの椅子に行く時はスニーカーなど滑りにくい靴がオススメ)
  • 水分補給(ペットボトルのお水など、500ml以上1本/人)
  • 動きやすい服装(Tシャツ、パンツなど)
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • おやつ(小腹用)
  • 帽子
  • ナップサック(両手が使えて便利)

今回のまとめ

  1. クヒオ通りのバス停(こちら)から、23番のシーライフパーク行きのバスに乗って、マカプウトレイルに向かいました。バスの乗車時間は1時間でした。

  2. シーライフパークのバス停からマカプウトレイル入口までは歩いて15分ほど。
    道幅が狭いところもあり、すごい速さで車が通過するので、気をつけて歩くことオススメです。

  3. マカプウトレイルの所要時間は1時間ほど。
    舗装された道路で歩きやすいので、トレイル経験なくても安全に楽しむことができます

  4. ペレの椅子の近くまで行くのは足場の悪いルートになります。(海岸から眺めるだけでもしっかり見られます)

  5. バスで利用する「HoLoカード」。日本のSuicaみたいなもので、お値段は9.75ドル。
    公式サイトでチャージが出来るので、1枚買っておくと次のハワイ渡航に便利です。

前の記事へ  次の記事へ

#海外旅行記、#女ひとり旅、#ホノルルマラソン2022、#ハワイ旅、#マカプウトレイル、#トレイル初心者にもオススメ、#ザ・バス、#旅RUN

コメント

タイトルとURLをコピーしました