香港マラソン2024旅行記 配信中

スペイン人混載バスでカッパドキア北部ツアー!1日目午前編~イスタンブールマラソン2022旅行記㉑

★イスタンブールマラソン2022

こんにちは。あろはこです。😊
ご訪問ありがとうございます。🌻

今回は、スペイン人混載バスで
カッパドキア北部ツアー!
1日目午前編です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

イスタンブールマラソンwebサイトはこちら

参加年月:2022年11月
旅行期間:8泊10日
参加種目:フルマラソン


バスターミナルで待つこと20分
ツアーバスと無事合流~!🙌🏻

20人ぐらい乗れる中型バスに
私以外、全員スペイン人!😱
キャラ濃そうなお顔立ちの面々に
平たい顔族の日本人、少々ビビっ
て落ち着かず…。💦

あと数人のスペイン人のお客さん
拾ってツアー開始とのこと。
自由気ままなスペイン人、時間に
なっても来なくて。💦
ガイドさんがホテルまでお迎えに。
部屋で寝てたみたい…。😅

デヴレント渓谷(ラクダ岩)

場所はこちら

ガイドさんは、日本で15年間
うどん屋さんで働いていた方で。
今日と明日2日間、マンツーマン
で対応です。🙌🏻

早速、日西関係に亀裂勃発ッ!
ラクダ岩に向かう途中、一人の
スペイン人女性が日本語ガイド
さんの話声でスペイン語の案内が
聞こえないと怒りだして
。💦

スペイン人女性とガイドさん険悪
ムードに。
😱

日本語ガイドさんがスペイン語
ガイドさんにトルコ語で抗議。
スペイン語ガイドさんがお客さん
に説明しておさまったものの。💦

バスを降りてから説明でいいこと
気を遣って言ってみたものの
私もきちんと仕事をしたいからと
お断り…。😭
穏便に済ませたい日本人、意思の
固いトルコ人にも完敗
です…。


すったもんだありながら
デヴレント渓谷(ラクダ岩)
到着です。🙌🏻

想像の世界とも言われている
デヴレント渓谷で1番の見どころ
ラクダ岩。🐪

目の前で鑑賞!ご立派な形!
風で削られただけでラクダの形
になってるがスゴ過ぎるっ!

ラクダ岩以外も奇岩がいっぱい♪

ガイドさんからあの岩は何に見え
るかの質問、思いつきで答えたら
不正解連発!
😅
想像力、足りてないみたい…。

ここでの自由時間は20分。
不正解でも想像力足りてなくても
ラクダ岩を鑑賞できただけで満足
でした♪💕

パシャバー地区(キノコ岩)

場所はこちら

パシャバー地区のキノコ岩

カルシウムと鉄と硫黄が何層にも
重なってできた1つの巨大な岩が
雨や風で削られると、岩に裂け目
が出来て分離。

分かれた岩が雨と風でさらに
削られて、自然とキノコのような
姿になっていくらしい…。🍄

風化で頭の部分がなくなっても
きのこ岩と呼ばれていること
風化が進んでなくなっていく様が
人生を物語っているとも言われて
いるんだとか。
なんだか、ちょっと切ない…。😢

きのこ岩の反対の景色。

どんな形に変わっても
なくなっていくものあっても
エジプトのスフィンクスより健在
な気がする…。たぶん…。

アヴァノス陶芸工房

場所はこちら

ラクダとキノコの岩を鑑賞した後
アヴァノス陶芸工房を見学。

カッパドキアは陶磁器も有名
アヴァノス陶器はローマ帝国
時代以前のヒッタイト人によって
受け継がれたものらしい。

ちなみに陶器とトルコ絨毯は
イスタンブールより安く買える

ガイドさんからアドバイスも。


最初に伝統のトルコろくろを見学。
脚で台を蹴って、ろくろを回転。
蓋つきの入れものを10分で完成!
スゴ技に拍手喝采です!👏🏻

デザイン書いたり色付けする職人
さんのお部屋へ。
気が遠くなるような細かい作業姿
ただただ尊敬です!

工房見学が終わったら
お店にとって主目的のお買いもの
タイムへ。

日本語堪能のお店の人に
一番高い商品が並んでいる奥の間
に案内されて
。💦

商品の一例…。

先生のサイン入り大皿
450ドルから200ドルにお値引き
価格で購入。保証書付き
。💰
大きい割に軽いのと割れにくさも
売りらしい。✨

先生サイン入りの大きな絵皿

お店の人の満面の笑み
ガイドさんからなかなか売れない
からと感謝され…。💕
少しは役に立ったみたいです…。

Han Restaurant(ランチ)

場所はこちら 

陶芸工房を後にしてランチ会場の
Han Restaurantへ。
団体ツアー御用達な感じです。

ランチバイキング、前菜から
デザートまで一通り揃ってました。
飲みものは全て有料です。

料理はあっさりでヘルシーなもの
が多かった印象。
デザートはトルコらしい激甘。💦

1時間のモグモグタイム終わって
午後の観光へ。✊
次に続きます。

今回のまとめ

  1. 午前中のカッパドキアで行った観光地は、デヴレント渓谷(ラクダ岩)、パシャバー地区(キノコ岩)。滞在時間は15~20分ほど。日本語ガイドさんの説明で楽しめました。

  2. アヴァノス陶芸工房で訪れたお店には、機械で作成したお手頃価格(10ドルぐらい)から数十万円のものまで幅広く販売していました。

  3. 陶磁器やトルコ絨毯はイスタンブールで買うよりカッパドキアの方が安いとのこと。

  4. バイキングでのドリンク類はすべて別料金でした。

  5. ツアーバスはスペイン人との混載。自己主張強めにたじろいたりしたものの、時間におおらかなところは気楽でよかったです。

前の記事へ  次の記事へ

#海外マラソン、#イスタンブールマラソン、#トルコ旅、#カッパドキア北部ツアー、#現地発着ツアー、#旅RUN

コメント

タイトルとURLをコピーしました