ソウルマラソン2024旅行記 4月5日頃配信予定

Visit Japan Web使って入国編~イスタンブールマラソン2022旅行記㉟

★イスタンブールマラソン2022

こんにちは。あろはこです。😊
ご訪問ありがとうございます。🌻

今回は、「Visit Japan Web」を
使って入国編です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

イスタンブールマラソンwebサイトはこちら

参加年月:2022年11月
旅行期間:8泊10日
参加種目:フルマラソン


成田からトルコに行った時は
トータルで17時間かかったけど💦
帰りは13時間で日本到着。
4時間早いと体もラクな感じ。👍🏻

離着陸シーンを個人画面で
見られるのは、エミレーツ航空で
気に入ってるトコ♪

機内降りて、入国手続きです!✊

Visit Japan Webから検疫画面を提示

日本入国時の検疫措置はこちら
Visit Japan Webはこちら

出国前に「Visit Japan Web」の
アカウントは取得して必要な情報
は登録済み。✊

飛行機を降りたらスマホをネット
につないで「Visit Japan Web」に
アクセス。
検疫のQRコード画面を立ち上げて
おきました。

11月時点での画面はこんな感じ⤵

2023年から画面変更…。

この画面を見せる関所までには
たくさんのスタッフさんで
「QRコードすぐ提示できるよう
にしておいてください!」を連呼。

肝心の関所ではQRコード読み取る
ことなく目視で終了~。

読み取らないQRコードって
意味ないよねって言われていたら
2023年1月でQRコードの表示
ひっそりお亡くなりに…。

体温チェック→体調確認(健康カード)→入国審査

検疫のQRコード提示終わったら
サーモグラフィーで体温チェック
ここは通過するだけ。

カウンターで簡単な体調確認して
渡される健康カード。
ちなみに保管義務なしです。😅

これもらったら、自動化ゲートで
入国審査。機械にパスポート
かざして顔写真を撮ったら終了~。
⤴一番ラクちん♪

ターンテーブルで荷物待ち。
エアタグで成田に運ばれてること
確認出来て一安心。🙌🏻

荷物を受け取ったら
最後の関所、税関申告です。

Visit Japan Webで電子申告ゲートは意外と手間

税関は今まで通り「税関職員さん
に紙の申告書を提出」か
Visit Japan Webで電子申告
ゲートを利用」のどちらでもOK!

Visit Japan Webに税関情報も
登録したので、電子申告ゲートを
使ってみることに…。✊

機械に税関のQRコードかざして
パスポート出して機械にかざして
本人確認で顔写真撮るのに
マスク外してつけ直すと、ゲート
出る前に顔認証でマスク外して。

ちょっとした動作が手間…。😫

しかも税関職員さんに紙で
申告書を提出した方がサクサク
通過してて。😱

次回からは紙の申告書と決意!

飛行機を降りてから40分で脱出。
このあと成田エクスプレスで
東京経由して新幹線で名古屋へ。

イスタンブールマラソン2022旅
これにて終了です。😌
次は12月のホノマラ2022旅です。

今回のまとめ

  1. 成田空港到着後の流れは、スマホをネット環境につなぐ→Visit Japan Web(ウエブサイトはこちらにアクセスして事前登録した検疫画面を表示→担当者に検疫画面を提示サーモグラフィーで体温チェック口答での健康確認。健康カードを受け取る預け荷物の受け取り税関申告。所要時間は約40分でした。

  2. 税関申告は電子申告ゲートを利用。スマホやパスポートかざしたり、顔認証でマスクを外したりつけたりなど、電子申告ゲートは意外と手間でした。税関職員さんに紙の税関申告書を提出した方が待ち時間なくてラクと思いました。

  3. 日本入国時の検疫措置の詳細はこちら。令和4年12月30日以降、中国(香港・マカオ除く)から入国の場合は有効なワクチン接種証明があっても日本到着時の検査が必須になっています。(詳細はこちら)※2022年1月現在情報です

前の記事へ  最初の記事へ

#海外マラソン、#イスタンブールマラソン、#トルコ旅、#日本出国、#飛行機旅、#Visit Japan Web、#旅RUN

コメント

タイトルとURLをコピーしました