香港マラソン2024旅行記 配信中

北欧旅3日目。ヘルシンキのバス・トラム・鉄道・フェリーのチケット、車内で買えないこと学んだ編 ~ストックホルムマラソン2023旅行記⑫~

★ストックホルムマラソン2023(スウェーデン&フィンランド)

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

渡航年月:2023年5月~6月
旅行期間:6泊9日

🍍たびメモ🍍

  • ヘルシンキの電車・トラム・メトロ・フェリー乗車後、運転手さんから切符を購入することはできません
    トラムの駅やバス停に券売機がなかったり、近くにキオスクがない場合もあるので、ヘルシンキヴァンター国際空港やヘルシンキ中央駅でデイチケット(1日券)を購入しておくことオススメ。

  • ヘルシンキ交通局の「HSLアプリ」を日本出発前にダウンロード、初期設定しておくとヘルシンキ到着後にすぐ使えます
    アプリからシングルチケットやデイチケットなど買えるので、券売機やキオスクを探す手間も省けます。

  • ヘルシンキ交通局のシングルチケット(1回券)は80分~110分(エリアに異なって)有効です。(変更あるかもしれなので要確認)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

海外旅行でハプニングはつきものなのですが。

知らなかったとはいえ、やらかしました…。😭

ヘルシンキ5時間半観光、オール徒歩で楽しんだあと、ホテルに戻って荷物ピックアップ。クルーズ船の乗船場所「オリンピアターミナル」までトラム利用することに。
最寄りのトラム駅に向かいました。

ヘルシンキ中央駅に立ち寄った時、券売機でシングルチケットを買っておけばよかったんですが、すっかり忘れてて。💦

ホテルに戻りながらトラム駅をいくつか通ってみたものの、券売機が見当たらず…。

ガイドブックに書いてあった「割高だけど、運転手さんから切符買える」こと鵜吞みにして、スーツケース抱えてトラムに乗車。

さっそく運転手さんに「シングルチケットプリーズ」と声かけたものの、無反応。聞こえなかったのかなと思い、大きな声で言ってみたものの、無反応のまま発車してしまって…。💦

近くにいた年配の女性が「車内で切符買えないのよ」と英語で教えてくれて。😱

「買えないの?」と聞き返すと、周りにいたフィンランド人全員うなずく始末…。😭

「次の駅で降りますっ!」と言うと、「検札めったに来ないから、このまま乗って行きなさい」と。そして「本当に危険な行為だから、次は気をつけなさいね」と。

この後切符買えないなら、運転手さん教えてよーーーー!!!と脳内でひとり逆ギレ、車内掲示の「罰金80€+運賃」眺めて、運転手さんに「切符持ってない日本人が乗ってるよ」通報されて、罰金を払っている姿を妄想してみたり…。😖

少しして気持ちが落ち着くと、罰金も勉強代と思えてきて。(⇦せめてクレカ払いできるとありがたい…)
オリンピアターミナル駅まで乗せて頂きました。(⇦本当にすみません…💦)


ヘルシンキヴァンター国際空港やヘルシンキ中央駅では、わかりやすい場所に券売機あって。
それが当たり前と思ってたものの、市内に入ると本当に見つけるのが大変…。💦

検札時に有効な切符を持っていないと、罰金80€+運賃(2023年5月現在)。
旅行者も適応!
故意に買わなかったのはもちろん、切符なくしても罰金対象です。

ヘルシンキ交通局(HSL)公式アプリダウンロードして切符買えること、帰国後に知って。

試しにダウンロード。✊
これ知ってたら、券売機探さなくて済んだし、罰金におびえることなかったと実感。
ちなみに支払いはクレジットカード。

ヘルシンキで公共交通機関利用するなら、ヘルシンキ交通局(HSL)公式アプリ!

次回のヘルシンキ旅では、まちがいなくこれ活用します!

車内で切符買えないので、日本出発前にダウンロードして初期設定、お忘れなく。
参考になったら嬉しいです。

次、続きます。😌

前の記事へ  次の記事へ

#スウェーデン旅、#ヘルシンキ旅、#ヘルシンキ公共交通機関、#ヘルシンキは乗車後の切符購入不可。#ヘルシンキ旅行にHSL公式アプリのダウンロード必須#ストックホルムマラソン、#旅RUN

コメント

タイトルとURLをコピーしました