香港マラソン2024旅行記 配信中

6日目。オルリー空港からバスでパリ市内へ。スーツケース持って地下鉄移動、エスカレータがなく過酷でした。~ベルリンマラソン2023旅行記㉔(パリとドーハも立ち寄り)~

★ベルリンマラソン2023

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

ベルリンマラソン公式サイト(こちら
オルリー空港公式サイト(こちら

旅行時期:2023年9月
日程:6泊10日(カタール航空3泊)

旅のまとめ

  • パリ・オルリー国際空港からパリ市内までの主な移動方法は、バス、鉄道(RER-B線+シャトル、RER₋C線+バス)、トラム、タクシーの4つ。
    パリ中心地での宿泊の場合は、タクシー以外は乗り継ぎ必須

  • 2人以上の移動は、タクシーがオススメ。オルリー空港⇔パリ市内は定額制のタクシーあります。価格はパリ右岸41ユーロ(6,560円)、パリ左岸35ユーロ(5,600円)ほど。(*夜間休日、スーツケース2個目等の割増あり)

  • 今回は、空港と14区のDenfert Rochereau(ダンフェール・ロシュロー)駅を結ぶ「Orlybus(オルリーバス)」でパリ市内まで移動。
    運賃は11.2ユーロ(1,792円)。切符はバス停の券売機で購入(現金またはクレジットカード)、運転手さんから直接買うことできます。
    運行時間は朝6時~深夜0時30分運行間隔は20分に1本所要時間は約30分。座席もたっぷり、荷物置場、車内Wi-Fiあります。

  • ダンフェール・ロシュロー駅から、RER B線、地下鉄4番線・6番線に乗り継ぎ可能ですが、パリの地下鉄のほとんどの駅でエスカレータがなくスーツケース持っての移動は過酷さ半端ないです。
    ダンフェール・ロシュロー駅から、Uber(タクシー)でホテルに行けばよかったと思いました。

空港からオルリーバスでパリ市内へ

オルリー空港に到着。🙌🏻
EU圏での移動、国が違っても入国審査もなくラクちん♪😘
飛行機を降りて預け荷物をピックアップ、空港の外に出るまで10分ほど。
ベルリンとの時差がないのもヨキです♪👍🏻

さっそくパリ市内に移動。✊
まずは、オルリーバスでダンフェール・ロシュロー駅に向かいます。

オルリー空港の外に出たら、思ったほど寒くなく。
半袖+ウインドブレーカーでイイ感じ。👍🏻

オルリーバスの運行間隔は20分。🚌
待ってる間に切符を買っておこうと券売機に向かったら…

バス登場!!!💦
運転手さんからチケット購入して乗車しました。

バス2台くっついた大きなバス。
街中まではガンガン飛ばすので、振動はなかなかのもの。😅

ダンフェール・ロシュロー駅に30分かからず到着です。

乗ってきたバス、駅の目の前で下車です。

駅のオルリーバスの券売機。バス停そばにありました。

地下鉄乗り継いで、ホテルの最寄り駅へ

切符を買おうとしていたら、駅のスタッフさんが「どこまでいくの?」と。
地下鉄マップで最寄り駅を指差すと、切符の買い方から乗り継ぎまでレクチャー。
メルシー(ありがとう)です。💕

ホテルの最寄り駅まで乗り換えが2回。
どの駅もエスカレータやエレベータが見当たらなくて

スーツケース持っての階段昇降に半泣き状態。😭

乗り換えした、Art et Metiers(アール・エ・メティエ)駅。
海底二万里に登場する「潜水艦ノーチラス号」をイメージしてデザインされたプラットホーム。

電車待ちの間、楽しめたけど…

ダンフェール・ロシュロー駅からUberに乗ればよかった…。

次、続きます。😌

前の記事へ 次の記事へ

#ベルリンマラソン2023、#ドイツ旅、#ベルリン旅、#オルリー空港からオルリーバスでパリ市内へ、#旅RUN

コメント

タイトルとURLをコピーしました