ソウルマラソン2024旅行記 4月5日頃配信予定

1日目。コスパ・立地・快適さ抜群のゲストハウス「オーシャンイン」に宿泊。~香港マラソン2024旅行記④~

★アジア

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

香港マラソンwebサイトはこちら

旅行時期:2024年1月
日程:5泊6日

旅の情報など

  1. 香港の宿泊費のこと
    ・香港マラソンの週末のホテル価格は、渡航6か月前でビジネスホテルで1泊1万円前後、ゲストハウスは5000円前後でした。
    香港マラソン当日の朝、ゆっくり出発したい方は、尖沙咀や佐敦周辺の宿がオススメです。


  2. 今回宿泊場所に選んだ「オーシャンイン」のこと
    Booking.comから5泊予約、1泊あたり6,300円でした。
    ・場所は、佐敦駅B1改札口の目の前「NEW LUCKY HOUSE」11階。
    ・空港からは、A22番のエアポートバスで約40分、バスを降りてから歩いて数分。(空港行きのバス乗り場も同じ道の反対側にあり)
    ・宿に入る時は部屋のカードキー、出る時は入口そばのタッチキーで。24時間出入り自由でした。
    ・部屋の清掃は、ドアノブに清掃依頼の札をかけたときのみ対応。
    ・フロント横にウォータークーラー(水・お湯)と冷蔵庫あり。
    マラソンスタート地点の尖沙咀まで歩いて15分ほど、便利でした。

  3. オーシャンイン宿泊に持参しておくと便利なもの
    歯ブラシセット、バスアメニティ、速乾性タオル、コップ、マイボトル

Booking.com高評価どおりの快適ゲストハウス。「バスルームがビチョビチョになっても気にならない(意外とすぐ乾きます)」、「コスパと立地重視」であれば、一押し宿です!👍🏻

旅行記

エアポートバスで40分ぐらい、佐敦駅そばのバス停で下車。

バス下りて数分、「NEW LUCKY HOUSE」に到着。🙌🏻
目の前にはMRTの入口(B1)、最高すぎる立地に感動でした!

かなり年季の入ったビル、5泊お世話になる「オーシャンイン」は11階。
8階以上は左のエレベータを利用。
昼間~夜は利用者多くて、乗り過ごしたことも…。😅

エレベータを降りると右にお宿の入口。
大きな看板を見逃がして右往左往してたら、オーナーさんが声かけてくれて。
中に入ること出来ました。😅
(初日のチェックインは、ドアの小窓をのぞくと開けてもらえると思います)

中に入って第一印象は、「こじんまりだけどキレイ!」。✨

Booking.comで清算済だったので、受付ではパスポートの提示だけ。
デポジット用のクレジットカード登録もなし。

玄関の入り方、部屋のドアの開けた方、窓の開け方、電気のつけ方etc。
オーナーさんから手厚いレクチャーがありがたい。😍

広さ7㎡、こじんまりシングルルーム。
中型スーツケースなら広げるのに困らない広さ。

ベット横の棚も使い勝手よくて、フローリングの床もイイ♪
ベットの寝心地もよく、清潔で快適!👍🏻

電源はテレビ左下に3つ。
その下の棚には、ドライヤーとメイクアップミラー、ティッシュとTVのリモコン。

ベットの下にゴムサンダルが2足、バスルーム必須アイテムも完備。👍🏻
壁にはフックもたっぷり、ハンガー7本あって、洗濯干すのに重宝しました。

ビショビショになるバスルームのこと。
シャワーの後も乾きが早くて、トイレ使う時もほぼ困らなかったです。
お湯の出は、若干弱めの圧でも問題なく。✌🏻

シャンプーとボディソープは備えつけ。
タオル類はバスタオルが2枚、あとプラスチックコップが2つ。

シャワーそばのアメニティートレーとバスタオル下のタオルハンガー。
これあったお陰でバスルーム生活がメチャ快適に。✨

愛らしいバスルームドア♪

入口そばの壁には、Wi-Fiと清掃の案内。
「Please MAE UP ROOM」の札をドアノブにかけておくと掃除してくれるシステム。
使ったタオルは、フロントに持っていくと交換してもらえました。👍🏻

部屋の窓から、香港の日常を感じられる眺め。✨

落ちそうで落ちない洗濯の干し方も香港らしい…。💦

オーシャンインのビル、耐震対策やや心配な外観…。😅
お部屋はピンク色の辺り。

宿に戻ってくるとオーナーさんとおしゃべり、下宿な感じで楽しい。😊

フロントにカードキーを置いて出て行くだけでチェックアウト完了なのもラク♪

コスパと立地さえよければOKならオススメ宿と思いました。👍🏻

次、続きます。😌

前の記事へ 次の記事へ

#香港マラソン2024、#香港旅、#旅RUN#香港のお宿にオーシャンインおすすめ、#コスパいい香港宿、#立地抜群の香港宿

コメント

タイトルとURLをコピーしました