香港マラソン2024旅行記 配信中

ソウル2日目。観光スポットNo1の「景福宮」再訪で景色満喫編。~ソウル旅RUN2023旅行記⑧~

★海外旅

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

渡航年月:2023年5月
旅行期間:2泊3日

🍍たびメモ🍍

  • 景福宮のウエブサイトはこちら。(英語)
    火曜定休。時期によって営業時間の変更あり(一番短いのが11月~2月、9時~17時で入場締め切り16時)。

  • 入場料は3000ウォン。韓国の伝統衣装・韓服(ハンボッ、チマチョゴリなど)を着ていくと入場無料に。
    近隣にはレンタルショップもあります。(KONESTさんから予約可)

  • 日本語の無料ガイドあり(10時、12時30分、14時30分)。ガイドの所要時間は1時間~1時間30分。
    日本語のオーディオガイドの貸し出し(有料)、日本語パンフレット(無料)もあります。

  • 守門将交替儀式は10時と14時(約20分)、把守儀式は11時と13時(約10分)。

  • 見学には1時間半~2時間確保がオススメ
    南門の光化門から北門の神武門まで約800m。建物の中を見る時に階段はあるものの、敷地はほぼ平坦でした。

  • トイレは駐車場に1か所、施設内に3か所。
    ギフトショップが1つあります。

  • 個人的にお気に入りは、交替儀式勤政殿(国宝)慶会楼(国宝)香遠亭(宝物)。華やかで格調ある交替儀式、荘厳な勤政殿、水辺に映る慶会楼、池との調和が美しい香遠亭、入場料3000ウォンで見学は破格でした。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

朝ごはん(明洞バーガートースト)食べた後、景福宮の最寄り駅、安国駅の1つ手前の鐘路3街で下車。仁寺洞を散策しながら、景福宮に向かいます。✊

街の雰囲気で変わったって思ったのは、このオブジェかな。
後ろは、2019年にオープンの複合モール、「アンニョン・仁寺洞」。

仁寺洞をチョロッとお散歩してから、景福宮へ。
入口近くには、韓服のレンタルショップ。👗
韓服姿のたくさんの観光客が景福宮に向かって歩いてて。
タイムスリップした感じです。🤩

10時過ぎに到着して、始まっていた守門将交替儀式を見学。🙌🏻
バッキンガム宮殿の衛兵交代式とは違った、華やかで格調ある儀式、見ごたえ抜群でした!
こちら必見です!👍🏻

チケット買って中に入ると、正面には勤政殿。
景福宮の正殿、王の即位式や外交官の接待などが開かれた場所とあって貫禄あり!
景福宮の中でも最も雄大な建築物、圧巻の眺めでした!

正殿の中を拝見、中央には玉座があって、その後ろに屏風。
この屏風に描かれた「日月五峰図」、1万ウォン紙幣の絵柄にも採用されてるんです。😮

慶会楼は、王が臣下たちのために宴会を開いたり、外国からの使者の接待に使っていた場所。
水辺に映る慶会楼と山々とのコラボが超ステキです。

脇にそれると、歴史韓国ドラマに出てきそうな風景も。😚

奥に進むと、香遠亭。
ここの眺め、マジ惚れ惚れでした!😍
王と臣下が親睦を深めるための東屋、自然を愛でながら詩を歌った場所なんだとか。💕
光化門から距離あるものの、立ち寄り激押しです!👍🏻

かなりサクサク見学したつもりでも、気がついたら1時間30分経ってて。💦
景福宮、久々の訪問でしたが、見ごたえ抜群でした!

再訪して良かったです!

帰りは北門の神武門から出て、北村韓屋村へ。✊

2日目観光、まだまだ続きます。😌

前の記事へ  次の記事へ

#ソウル旅、#景福宮、#韓服着用で入場無料、#ソウルNo1観光スポット、#ソウルのオススメ、#旅RUN

コメント

タイトルとURLをコピーしました