香港マラソン2024旅行記 配信中

アメリカ預け荷物対策のTSAロック。マスターキーがAMAZONで販売。取られて困るものは預け荷物には入れないようにしようと再認識したこと。

旅グッズ・荷造り

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

2001年9月のテロ以降、アメリカでの荷物の保安検査がより厳しくなって。

(知ってる方も多いと思いますが…)持ち主に許可なく、TSA職員が無作為に預け荷物を開けてチェック。💦

私もハワイから帰国してスーツケース開けたら「検査したよ」って紙が何回か…。

しかも、鍵を壊してチェックすることはアメリカでは合法、それに伴うスーツケースの破損や買い替えに必要な費用は持ち主負担…。😱

そんな被害をなくすために、多くのスーツケースで採用されているのが「TSAロック」。

TSA(Transportation Security Administration)ロックは、アメリカ運輸保安局が認めた鍵。

検査する職員さんがマスターキーを持っているので、TSAなら鍵かけても壊される率は低いみたい。(手荒い職員さんもいて壊される可能性はゼロではない…)

ちなみにTSAロック、鍵の近くにある「赤いひし形マーク」が特徴。

そしてAmazonでマスターキーを調達できる鍵でもあるんです…。😵‍💫

販売サイトは➯こちら

この販売先では、TSA002、TSA007など取り扱い。(購入時はTSA番号の確認もお忘れなく)

レビューでは「スーツケースの鍵をなくして、正規なものと変わらずスムーズに開閉。助かりました」と…。😅

これが出回っていること最近知って、TSAロックは抑止力にもならないんじゃないかと。😅

しかもTSAになって以降、6万人の検査官のうち約500人の職員が乗客の手荷物の盗難で解雇または定職処分になっているんだとか。😵‍💫

アメリカ渡航以外での預け荷物は、TSAロック以外の鍵の使用も、鍵をかけっぱなしにしてても今のところ問題なし。「貴重品は手荷物取られてもいいものだけを預け荷物」は前提に、TSAロック以外の鍵も購入しておこうかな。

たとえビジネスクラスやファーストクラスに搭乗して預け荷物の許容用が増えたとしても、宝飾品やブランドバックを購入したら機内持ち込みが安心と思いました。(盗む側はビジネスクラスやファーストクラスの荷物に目をつけているらしいです…)。

TSAロック使用の時は、取られて困るものは手荷物と改めて認識した今日この頃です。😌

#TSAロックは簡単に開いてしまう、#アマゾンでTSAロックマスターキー販売、#貴重品はスーツケースに入れない、#空港職員による盗難多発、#アメリカ以外はスーツケース施錠OK

コメント

タイトルとURLをコピーしました