香港マラソン2024旅行記 配信中

5月24日(水)から新幹線の「特大荷物コーナーつき座席」サービスも開始に。大型スーツケースと一緒に乗車する時は、事前予約お忘れなく。

情報

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

今回の紹介内容の詳細はこちら

5月24日から、東海道・山陽・九州・西九州新幹線で、特大荷物コーナーつき座席のサービス開始!

これまでは、羽田、成田から日本脱出(帰国)時、大きなスーツケースと一緒に新幹線にお世話になる時は、車両最後部の「特大荷物スペースつき座席」を利用。

特大荷物スペースつき座席を事前予約しておくと、席の後ろのスペースにおけて、とってもラク♪

何より、3辺合計160㎝以上の荷物、事前予約しないで新幹線に持ち込むと、1000円の追加代金を避けるのも、事前予約の目的の一つ。💦

ちなみに、新幹線のぞみ(16両編成)の特大荷物スペースつき座席は、普通車45席、グリーン車12席。
特大荷物コーナーつき座席サービスが始まると、普通車に8席、グリーン車に2席、荷物置き場を確保できる席が増えることに。🙌🏻

JR東海スクショです。

特大荷物コーナーつき座席の荷物置き場は、最寄りのデッキ(洗面所横)。
施錠機能つきで、席から離れた場所でも安心。
一方で、施錠には交通系ICカード等の非接触型ICカードが必要。💦

面倒な方は、特大荷物スペースつき座席の方がラクかも。😱

新幹線の特大荷物持ち込みの詳細はこちら

大型スーツケースと一緒に新幹線に乗る方は、(早めの)事前予約お忘れなくです。😊

#新幹線移動、#新幹線で特大荷物の持ち込みは予約必須

コメント

タイトルとURLをコピーしました