香港マラソン2024旅行記 配信中

ハワイ入国拒否で泣く泣く日本に帰国。予防策に「職業、旅の目的、滞在日数、宿泊先、持ち込み食品など」聞かれる質問に正直に回答、帰りの飛行機チケットすぐ提示できるように事前対策大事と思ったこと。

情報

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

X(ツイッター)にアップされていた「ハワイ入国拒否で日本に返されてしまった日本人女性」。

入国で審査官から仕事ことを聞かれて「office worker」と答え、追加で「仕事内容は何?」と質問され「実はインフルエンサー」と回答されたとのことで。

ポリス部屋で27時間滞在、「明日の飛行機で日本に帰ってください」と入国拒否に。
ハワイにひとりで来たことを怪しまれ、3日滞在の割に服も多かったことから「ハワイで働くんじゃないか」と思われたそうと本人談。
その後、泣きながら飛行機で日本に帰国、帰りのチケット代も自腹だったとのこと。

今回の記事を読みながら、今年の4月にホノルルハーフマラソンハパルアでハワイ行った時、入国審査の質問がいつもより多かったのを思い出して。(記事はこちら

渡航の目的、滞在日数、宿泊先、仕事内容の順に質問。
仕事内容で「今は働いていない」と答えたら、審査官の顔が明らかに険しくなって…。💦
「こっちに友達いるのか?」➯「いません」、「観光って言ったけど、具体的に何するの?」➯「ハーフマラソンハパルアに参加する」と答えてなんとか解放…。🙌🏻
高圧的な聞き方に若干焦りました…。😱

アメリカに女性一人旅、入国審査ではねられて日本帰国になることは昔からあるものの、アジア系の若い女性のアメリカ一人旅は、売春や偽装結婚を疑われて質問が厳しくなる傾向にあるようで。

実際、円安の関係で日本人女性が出稼ぎ売春に渡米するケースが増加しているので、入国審査が厳しくなるのも仕方ないとは思いつつ…。

とは言え、これからもハワイや米国本土に一人で行くこともあるので、入国審査で聞かれそうなこと、まとめておこうと思いました。(若くはないので、疑われることも少ないとは思いますが…。💦)

女性一人旅のアメリカ入国で聞かれそうなこと


日本での職業
(仕事内容も答えられるよう回答を準備。日本で仕事をしていることを証明できる名刺やIDカードが提示できるとより安心)
旅行の目的
(大抵「観光」と答えるだけでOKですが、具体的に何するかを聞かれたら時の回答も用意しておくこといいかも)
滞在日数
宿泊先
(宿泊先のホテルや住所をプリントアウトして提示できるようにしておく)
日本から持参の食品
(持ち込み不可になっていない食品も申告できるようリストアップ)
帰りの飛行機チケット
(スマホや紙のプリントアウトしたものを提示できるように準備)

大事なことは「聞かれたことに正直に回答」

虚偽したと思われたら、米国入国拒否リスク、一気に高まります!(⇦アメリカ(特にハワイ)、イギリスの一人旅の入国は結構厳しい…)
米国入国拒否の履歴があると渡米するのにビザ必要になって。ビザ取得にも入国拒否の内容や虚偽申告の詳細、個人の背景等の詳細情報を確認が必要で手続きもかなり大変になるだとか…。💦

聞かれていないことまで言う必要はないのものの、女性一人旅のアメリカ入国、審査官に不法滞在する心配がないことを示せるよう、回答を準備しておくと受け答えする時に安心と思いました。😌

そして、不法労働を疑われないために、必要以上に大量の荷物を持ってきたり、入国審査では過度な露出の服装も避けること大事かなと。

女性一人旅でのアメリカ入国、年を取って怪しまれる対象から遠のいているとはいえ、改めて考えさせられました。💦

#米国入国拒否で日本帰国#1回の虚偽申告で米国旅超大変に、#米国入国審査は若い女性一人旅で質問攻め、#出稼ぎ売春は違法です、#米国への持ち込み食品は念のためリストアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました