香港マラソン2024旅行記 配信中

1日目。ホノルルに到着。入国審査の渡航目的で「ホノルルマラソン」と回答、審査官さん和んだ感じに。/ザバスで1時間かけてワイキキ移動。~ホノルルマラソン2023旅行記⑤~

★ホノルルマラソン2023

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

ホノルルマラソン2023公式サイト(こちら

旅行時期:2023年12月
日程:6泊8日

旅のまとめ

  1. 女性一人旅、入国審査で聞かれた時に対応できるように準備したこと
    ・宿泊先の住所とAirbnbの領収書
    ・勤め先のIDコピー(専業主婦で答える時は「housewife」で。日本で仕事を持っていること伝えられるようにしておく)
    ・帰りの飛行機チケット(スマホから提示)
    ・日本から持ち込んだ食材の英語のリストアップ

  2. 今回、ハワイ節約生活で持ち込んだ食材は、「パックごはん」、「ソーメン」、「ソーメンつゆ」、「ふりかけ(肉類が入っていないもの)」、「コーヒー」、「お茶パック」、「インスタント味噌汁」。持ち込みOKを確認して荷物に入れてきました。
    米国(ハワイ)の持ち込み禁止食材の確認はこちら↓↓
    https://www.aphis.usda.gov/aphis/resources/traveler/intl-travel

  3. 今回入国して聞かれたことは、「渡航の目的」、「何日滞在するか」、「生もの、肉類、アルコールは持ち込んでいないか」の4つ。
    渡航の目的で「ホノルルマラソン」と答えると、何回目の参加か聞かれて「今回で7回目」と回答。持ち込み食品を聞かれた時「米や味噌汁、ソーメンを持ってきているけど」と答えたら、「生もの、肉類(肉エキスNG)、アルコールを持ってきてなければ大丈夫」と。
    事前準備のお陰でスムーズに入国できました。

  4. 水曜日にホノルルに到着、飛行機を降りてから到着ロビーを出るまでの所要時間は約40分でした。(木曜、金曜だと1時間はかかるかも?)

  5. 空港からワイキキはザバスで移動。所要時間は約1時間、運賃は3ドル。
    移動費のコスパは良いものの、時間がかかること、大型スーツケースを持参して乗車は出来ないのがデメリット
    ちなみに22インチ×14インチ×9インチ(55.8㎝×35.5㎝×22.8㎝)以内の中型スーツケースなら1個まで持ち込みOK(2023年12月現在)。
    ザバスの手荷物に関する詳細はこちらから

ホノルル空港到着までのこと

爆睡して数時間、あっという間にホノルル近くまで移動…。💦
日本時間だと朝の3時30分。

ホノルル到着1時間前から、窓からの眺めをチェック。
最初に見えてきたのがカウアイ島。

カウアイ島を過ぎたらオアフ島。
アウラニディズニーリゾート&スパの眺めに大興奮!💕
やっぱ左窓側の席ヨキです。

そろそろ着陸と思ったら、右に旋回…。😮

着陸やり直しして、ダニエル・K・イノウエ国際空港に到着です。🙌🏻
個人的には、ホノルル上空2度楽しめてお得気分♪

降機した後、入国審査の建屋まではバスで移動。

4月のハパルアでハワイ入りした時の詰問が若干トラウマに…。
入国審査のレーンで待ってる間はドキドキもの。💦

順番回ってきて、いざカウンターへ。
渡航目的を聞かれて「ホノルルマラソン」と答えたら、審査官さんの表情が明るくなって
場の雰囲気が和んだ感じに。💕

質問もとても穏やかな感じでしてくれて、安心して答えること出来ました。

ホノルルマラソンの知名度に助けられての入国でした。😊

ワイキキまでザバスで移動

入国後は、ターミナル2階に移動してバス停へ。
バス停に着いたら、大きな荷物の旅行客が並んでてビックリ!
円安&物価高、考えることはみな同じ…。💦

前回のハワイで購入したHolo(ホロ)カード、日本出発前にチャージ済み♪
お釣りが出ないザバス、1枚あると便利。(ワイキキ市内で調達できます)

ダウンタウン、カカアコ、アラモアナを車窓観光しながら1時間。

インターナショナルマーケットプレイス(クヒオ通り側)近くで下車。
身軽になるために楽天ラウンジへ。✊

次、続きます。😌

前の記事へ 次の記事へ

#ホノルルマラソン2023、#ハワイ旅、#旅RUN、#ダニエル・K・イノウエ国際空港、#ザバス

コメント

タイトルとURLをコピーしました