香港マラソン2024旅行記 配信中

北欧5日目。スウェーデンのお茶文化「Fika(フィーカ)」しにカフェへ。~ストックホルムマラソン2023旅行記⑳~

★ストックホルムマラソン2023(スウェーデン&フィンランド)

こんにちは。あろはこです。
ご訪問、ありがとうございます。😊

渡航年月:2023年5月~6月
旅行期間:6泊9日

🍍たびメモ🍍

  • スウェーデンのお茶文化「Fika(フィーカ)」しにカフェへ。
    選んだお店は、1928年創業のベーカリーヴィエテ・カテン
    営業時間は、月~金曜日は7時30分~20時、土・日曜日は9時30分~19時。
    コーヒーは38kr(503円)、セルフィサービスでおかわり自由でした。

  • 「フィーカ」は、コーヒー(又は紅茶などの飲みもの)に甘いものセットが基本フィーカのお茶請けとして定番のシナモンロール(38kr)を選びました。

  • 【フィーカのプチ情報】
    お茶(コーヒー)と甘いもの食べながら会話を楽しむ、1日の中で「フィーカ」の時間を持つことは、国全体で尊重されています。
    また、仕事の合間に15分程度の「フィーカ」を取った方が集中力が高まって仕事がはかどると、スウェーデンのリンショッピング大学の研究結果で発表されてるくらい、「世界から注目されているお茶文化」です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

EXPOから中央駅まで戻ってきた後、ヴィエテ・カテン(カフェ)へ。
スウェーデンのお茶文化「フィーカ」。
ぼっち「フィーカ」、雰囲気だけでも味わいに。😅

ヴィエテ・カテンの場所はこちら⤵

お店に入ると、ショーケースに美味しそうなケーキやベーカリーずらり。💕
コーヒーとカネールブッレ(シナモンロール)を注文。

英語で「コーヒーはセルフで持っててね」と。
母国語はスウェーデン語なのに、抜群の英語対応。✨
さすが、英語力ランキングNo1のお国です。

周りには、フィーカタイム中のスウェーデン人。
どのテーブルでも会話のキャッチボールがすごいっ!💦

コーヒー&シナモンロールで、ぼっちフィーカ。✨

表面にパールシュガー、生地にカルダモン練りこまれてるスウェーデンのシナモンロール。
アイシングどっぷりかかった北米のシナモンロールより甘さ抑えめでヨキ。💕

苦味のあるコーヒー、おかわりさせてもらいました。

コーヒー飲みながら、甘いものつまんでマッタリ過ごす。
会話の相手はいないけど、フィーカタイムってやっぱ大事。💕

フィーカ1時間(⇦ながっ💦)、ホテルに戻って明日に備えることに。

COOPのサラダバーで夜ごはんすませて

明日の散策に備えることに。次、続きます。😌

前の記事へ  次の記事へ

#スウェーデン旅、#ヘルシンキ旅、#ストックホルムのカフェ文化、#ストックホルムマラソン、#旅RUN

コメント

タイトルとURLをコピーしました